スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

『先生、大型野獣がキャンパスに侵入しました! 鳥取環境大学の森の人間動物行動学』


【楽天ブックスならいつでも送料無料】先生、大型野獣がキャンパスに侵入しました! [ 小林朋道 ]


捕食者の巣穴の出入り口で暮らすトカゲ、

 猛暑のなかで子育てするヒバリ、

アシナガバチをめぐる妻との攻防、ヤギコとの別れ………


自然豊かな小さな大学を舞台に起こる

動物と人間をめぐる事件を人間動物行動学の視点で描く。


久しぶりに読みました。


やっぱり面白いし、興味深い!


ヒバリやシマリスなど可愛らしげな生きものたちも登場していますが

私が一番興味深かったのが

アシナガバチ


なんだか

百田尚樹さんの


【楽天ブックスならいつでも送料無料】風の中のマリア [ 百田尚樹 ]

思い出しました。

こちらはオオスズメバチなんですけれど・・・


後は

アカガエルのオタマジャクシのお話。

興味深い・・・


読み進めながら

先生のすべての動物に対する愛情に

感嘆いたしました。


このシリーズを読んでいると

自分の好きなものだけを

愛でるのではなく

様々な種が、様々に影響しながら成り立っている自然に

時には厳しい顔を突きつけてくる自然に

敬意を表したくなります。


そして

様々な発見をしたいと思えてくるのであります。


テーマ:博物学・自然・生き物 - ジャンル:学問・文化・芸術

01 : 59 : 40 | | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑

『先生、子リスたちがイタチを攻撃しています! 鳥取環境大学の森の人間動物行動学 』


【楽天ブックスならいつでも送料無料】先生、子リスたちがイタチを攻撃しています! [ 小林朋道 ]


実習中にモグラが砂利から湧き出て、

 学生からあずかった子ヤモリが逃亡し、

カヤネズミはミニ地球を破壊する。


ますますパワーアップする動物珍事件を、

 人間動物行動学の最先端の知見をちりばめながら、軽快に描きます。

 動物たちの意外な一面がわかる、

動物好きにはこたえられない1冊です!


先生シリーズ第3弾


フェレット

シマリス

カヤネズミ

ヤモリ

アカハライモリ

ヒヨドリ

そして

モグラ!



素晴らしい!!


この本の中で

先生は様々な動物がヘビと出会った時の反応を調べています。


なるほど

様々な生きもので実験していくことで

それぞれの違いを発見し

それぞれの生態と結び付けて考察していく


こうやって研究していくんですね

分かった気になれます


なんて大変なんでしょう…


生きものとの付き合い

生きものの研究


頭が下がる思いでいっぱいになった1冊でした。

テーマ:博物学・自然・生き物 - ジャンル:学問・文化・芸術

23 : 47 : 36 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

『先生、モモンガの風呂に入ってください! 鳥取環境大学の森の人間動物行動学』


【楽天ブックスならいつでも送料無料】先生、モモンガの風呂に入ってください! [ 小林朋道 ]


モモンガの森のために奮闘するコバヤシ教授

コウモリ洞窟の奥、漆黒の闇の底に広がる地底湖で出合った謎の生き物

餌の取りあいっこをするイワガニの話

キガエルのオタマジャクシを食べるアカハライモリ………


自然豊かな小さな大学を舞台に起こる

動物と人間をめぐる事件を

人間動物行動学の視点で描く


先生シリーズ第6弾


第5弾で登場したニホンモモンガが

先生の調査を経て

大々的に登場!


地域おこし

環境保護


あぁ、大学の先生って

講座してるだけじゃないんだね・・・

しみじみ…


ますます先生パワーアップ

ますます先生大活躍


読んでいると

生きもの観察に出掛けたくなってしまいます。


今回は

磯の生きものたちについても書かれていて

親子で潮溜まりへの思いを募らせたのでした。


もっと暖かくなったら、海へ行くぞ!!



テーマ:博物学・自然・生き物 - ジャンル:学問・文化・芸術

22 : 46 : 10 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

『先生、キジがヤギに縄張り宣言しています! 鳥取環境大学の森の人間動物行動学 』


【楽天ブックスならいつでも送料無料】先生、キジがヤギに縄張り宣言しています! [ 小林朋道 ]


イソギンチャクの子どもがナメクジのように這いずりまわり、

フェレットが地下の密室から忽然と姿を消し、

ヒメネズミはヘビの糞を葉っぱで隠す。


自然豊かな小さな大学を舞台に起こる動物と人間をめぐる事件を

人間動物行動学の視点で描く。


先生!シリーズ第5弾。


いつの間にかこどもがメインで読むようになり

読み終わったものから借りているので

順番無茶苦茶で読んでますが、問題なし。


中には

「詳しくは以前の作品を」という記述もあるけれど

気にせず読み進めました。

気になる方は、順番に読むことをお勧めいたします。


カバーに生き物の写真が載っていますが

中にも数ページ生きものや研究室などのカラー写真が載っていました。

グレードアップしています!


その上

先生の喋り(文章)の軽快さがパワーアップ!

面白い、面白い


動物たちの様々な行動も興味深いですが

学生たち、何よりも先生の言動から目が離せない感じです!!


発見、驚き、楽しみを中心に書かれているので

自然相手の苦労などはあまり感じられませんが

きっといろいろ大変なことがあるんだろうなぁ~などと思いながら読んでいます。


それでも

自然と共存しきってらっしゃるかのような先生の行動に

羨望の眼を向ける親子であります。

テーマ:博物学・自然・生き物 - ジャンル:学問・文化・芸術

00 : 17 : 43 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

『こちら警視庁美術犯罪捜査班 』【小説】 美術好き集まれ~~


【楽天ブックスならいつでも送料無料】こちら警視庁美術犯罪捜査班 [ 門井慶喜 ]


三田村豪気は、

警視庁捜査二課美術犯罪捜査班に所属する新米刑事。

やる気と体力は人一倍だが、

美術にはとんと疎い。


美貌の上司・岸すみれの薫陶のもと、

にわか仕込みの知識を駆使して、

違法スレスレの詐欺的ビジネスを続ける美術品販売会社の犯罪を

暴こうとするが…。


有名美術品に関わった詐欺犯罪を阻止していく刑事さん

事件ごとに書かれた短編集。


語り部は全編通して三田村くん


美術品や作家に関する知識があったほうが

絶対に面白いと思います。


とはいえ

三田村くんが

美術に対する知識ゼロの状態からスタートするので

各種美術品、その作者など

きちんと説明付き。


近々の事件が

連続して収録されているような感覚で

読み進めましたが

事件と事件の間にはかなりの時間が流れているようで

三田村くんの知識も増えていきます。


そこへ

すみれさんの家族問題も絡んできて・・・


予想以上に

面白く読めました。


こういう作品、シリーズ化して欲しいなぁ~~


テーマ:アート - ジャンル:学問・文化・芸術

00 : 16 : 18 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ

プロフィール

てらま♪

Author:てらま♪
博物館大好き!
フィールドワーク楽し!
こどもとともに徐々にハマり
その過程での巡り合いを記録

アクセスカウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

未分類 (5)
つぶやき (17)
フィールドワークの友(グッズ) (15)
鳥たち (21)
虫たち (11)
魚たち (3)
植物たち (47)
その他の生き物たち (14)
博物館巡り (70)
特別展・イベント (103)
MieMu 三重県総合博物館 (140)
三重県あれこれ (10)
物語系絵本 (59)
児童書 (34)
学習漫画 (65)
学習系絵本 (54)
写真集・写真絵本 (30)
図鑑 (31)
本 (24)
映像作品 (19)
テレビ番組 (6)

最新コメント

最新トラックバック

フリーエリア

フリーエリア

Flashリバーシ

by mitti0

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。