スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

『イラスト日本の迷信・妖怪辞典』 全三巻 【雑学】


イラスト日本の迷信・妖怪事典(1)普及版

一、こわいがいっぱい


現在のように科学が発達していなかった大むかしのこと。

人々はいろいろなもの

(山や川、海、空、湖、池、洞穴、虫、魚、動物、植物など)に

不思議な"力"を感じた。

そして、人々はその不思議な"力"を「神」としてうやまい、

こわいものとしておそれたりもした。


「迷信」は、そんな人々の心の中から生れ、

ことばとして言い伝えられた

祟り、呪い、占い、おまじない、お化け、妖怪、幽霊、なども

「迷信」から生まれた。


本書では、そんな「迷信」や「言い伝え」を紹介する。

また、

「迷信」と深くかかわって言い伝えられた「妖怪」も掲載する。



イラスト 日本の迷信 妖怪辞典

二、ゆかいがいっぱい


第2巻では

ウナギと梅干をいっしょに食べるとよくない

ナマズが騒ぐと地震が起きる

茶柱が立つと縁起が良い


など

いつかどこかで聞いたことのある

迷信や言い伝えについて

紹介+解説


その言い伝えの信頼度なども書いてあって

興味深い



三、なるほどがいっぱい


第3巻には


端午の節句には菖蒲の湯に入ると良い

節分に豆をまく理由

雛人形の翌日飾りはお嫁に行けない

などの

年中行事にかかわったものも多く掲載


うちの子は

なんだか怖そうな第1巻は

拒否・・・

なので私も読んでいません


漢字はしっかり使われているけれど

ふりがなは少ないです。





↓ 他にもブログやってます。こちらも是非! ↓

メインはこちら やっほっほ~
三重ブログ やっほ~ 三重紹介


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:日本文化 - ジャンル:学問・文化・芸術

14 : 59 : 17 | 図鑑 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<こどもは興味深げですが・・・ 『ミミズのふしぎ』【絵本】 | ホーム | 琵琶湖博物館 また行ってきました>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://yahohoho.blog.fc2.com/tb.php/4096-00ac7463
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

てらま♪

Author:てらま♪
博物館大好き!
フィールドワーク楽し!
こどもとともに徐々にハマり
その過程での巡り合いを記録

アクセスカウンター

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

未分類 (5)
つぶやき (17)
フィールドワークの友(グッズ) (15)
鳥たち (21)
虫たち (11)
魚たち (3)
植物たち (47)
その他の生き物たち (14)
博物館巡り (70)
特別展・イベント (103)
MieMu 三重県総合博物館 (140)
三重県あれこれ (10)
物語系絵本 (59)
児童書 (34)
学習漫画 (65)
学習系絵本 (54)
写真集・写真絵本 (30)
図鑑 (31)
本 (24)
映像作品 (19)
テレビ番組 (6)

最新コメント

最新トラックバック

フリーエリア

フリーエリア

Flashリバーシ

by mitti0

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。