スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

夏のお楽しみ イルカ島

三重県鳥羽市にある

イルカ島


イルカ島


イルカやアシカのショーがあったり

海水浴ができたり

イルカたちとの触れ合い(要予約)が

できたりします


リフトがあって

島の高いところに登って風景を眺めたり


様々な植物を観察したり

磯で海の生き物を観察したりもできます(干潮時)


この島の

本当の名前は

日向島

形が何となくいるかに似ているので

イルカ島となっています


島というくらいですから

船に乗らないと行けません


その船も合わせて

大いに楽しめます~~

スポンサーサイト
関連記事

テーマ:三重県 - ジャンル:地域情報

22 : 56 : 20 | 三重県あれこれ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

外国の方へのプレゼントにもぴったり 『うごく浮世絵』【絵本】


【送料無料】うごく浮世絵!?


え~! どうして動くの?

見て、感じて、遊ぶ「動く絵画」の技法で浮世絵に挑戦。


日本が誇るアートの極み浮世絵を、

「動く絵」として構成。

マジックフィルムをのせると、写楽や北斎が動き出します!


文章は日本語と英語。

世界中のひとに楽しんでもらえる本です。



付属されているマジックフィルムを

右側のページにおいて動かすと



あらあら不思議


浮世絵たちが動き出します



本来の作品の一部分が拡大されていて

雪が降ったり

蝶が飛んだり


思わず声が出てしまいます

「おぉ~~」


右側のページには

作品の全体図

タイトル

説明

もちろん載っています


それ以外に

動く絵に合わせた簡単な喋り言葉



大きなひらがなで書かれています



そして

その下には


その英訳


ここが

この絵本が外国人の方にも人気の所以なのでしょう


浮世絵の説明には

しっかり漢字が使われていますが

すべて振り仮名付き

ただし説明には英訳はありません


各浮世絵の作家とタイトルには英訳ありです

関連記事

テーマ:art・芸術・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

23 : 17 : 24 | 学習系絵本 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

本当は何色?

とある水族館


外来種の亀の水槽の前で

こんなことを言っている人がいらっしゃった



小さい時は「ミドリガメ」

でも

大きくなったら「ミシシッピアカミミガメ」


一体何色?

って

思ってた



おぉ!なるほど・・・


ワクワクして

こどもに伝えたら



体はずっと緑だけど

大きくなったら耳の所だけ赤くなるから

アカミミガメ




クールな返事が来た



うちの子は

既にそのワクワクは通り過ぎた後だったようだ...


ちぇっ


★大好評!Safari お買い物プレゼント実施中!詳しくはコチラサファリ社フィギュア269529 ミシシッピーアカミミガメ


関連記事

テーマ:博物学・自然・生き物 - ジャンル:学問・文化・芸術

22 : 34 : 10 | その他の生き物たち | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

飛行物体片っ端、登場『ひこうきの本』【絵本】


ひこうきの本




空をみあげてごらん!

気球、グライダー、ヘリコプター、きみにはなにが見えるかな?

ひこう場に行ってみよう。

空飛ぶ夢といろいろな飛行物体についての本。




ジェット機から紙飛行機まで、

現代の飛行機からライト兄弟の複葉機まで、

ありとあらゆる

「飛行物体」

載っています。



驚くほどいろいろあります。



透明ページを使って

ジャンボジェット機の輪切りなども見せてくれます。



文章は易しいですが、

使われている言葉がちょっと難しめのものも・・

漢字もしっかり使われています。

ただし全てふりがな付きです。


関連記事

テーマ:小学生の子育て♪ - ジャンル:育児

20 : 36 : 19 | 学習系絵本 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

変なのいっぱい!『知っておきたい謎・奇妙・不思議ないきもの』


【送料無料】 知っておきたい謎・奇妙・不思議ないきもの なるほど! BOOK / 上林祐 【単行本】


本当は絶滅したはずのあの生物が生きていた!?


世界には

未だに存在するのかもわからない生き物が

たくさんいます。

見た目も性質も謎だらけの

変な生き物

絶滅動物

未確認の動物(UMA)


不可思議な生き物が多数登場。



うちの子

大喜びで手に取りました


イラストとその生き物の解説

1見開きに付き

1生物


絶滅した生き物も

現存する生き物も

未確認の生き物に負けず劣らずの

奇妙な生き物だらけ



ぼんやりしていると

区別がつかなくなってしまいます(苦笑)



大人向けの本なので

がっちり難しい漢字満載ですし

ふり仮名も

殆どありません


それでも

生き物たちの魅力で

頑張って読んでいました


それにしても

世界には

変な生き物がいるんですね~

関連記事

テーマ:**本の紹介** - ジャンル:本・雑誌

22 : 13 : 36 | | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ

プロフィール

てらま♪

Author:てらま♪
博物館大好き!
フィールドワーク楽し!
こどもとともに徐々にハマり
その過程での巡り合いを記録

アクセスカウンター

カレンダー

06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ

未分類 (5)
つぶやき (17)
フィールドワークの友(グッズ) (15)
鳥たち (21)
虫たち (11)
魚たち (3)
植物たち (47)
その他の生き物たち (14)
博物館巡り (70)
特別展・イベント (103)
MieMu 三重県総合博物館 (140)
三重県あれこれ (10)
物語系絵本 (59)
児童書 (34)
学習漫画 (65)
学習系絵本 (54)
写真集・写真絵本 (30)
図鑑 (31)
本 (24)
映像作品 (19)
テレビ番組 (6)

最新コメント

最新トラックバック

フリーエリア

フリーエリア

Flashリバーシ

by mitti0

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。