『ぼく、みつけたよ』【絵本】この本片手にMieMuへ行こう!

P1000333.JPG


とても あつい ある日。

ぼくは ふしぎな あしあとを みつけた。

きっと 恐竜のあしあと!


はるか遠い昔、

日本は大陸と陸地がつながっていて、

ゾウがたくさんすんでいました。


ある日、

川で大きな足跡を見つけたぼくは、

いつのまにか、古代へとみちびかれて……。


MieMu 三重県総合博物館

開館に合わせて発行された絵本です。


ぼくが足跡を見つけた川はきっとあの川

思いっきり噴火しているあの山は・・・え?まさか!?


ミエゾウに

その化石に詳しくなると

より一層

楽しめる絵本


大きな化石

大きな足跡の化石

というと

ついつい「恐竜!」と思ってしまいますが

その正体は・・・


ぼくがゾウの群れと共に

「あの川」を探して歩く場面が

とっても印象的です。


絵本のラストは

現在開催中の企画展に…?


そして

MieMuのどこかには

ゾウたちの群れが・・・

IMGP2160.JPG


現実の博物館

しっかりリンクした絵本です。

 
スポンサーサイト

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

22 : 49 : 20 | 物語系絵本 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

だじゃれ大好き『したのすいぞくかん』【絵本】


したのすいぞくかん

 

ある日、ぼくは

上野動物園にあるモノレールにのりました。

すると、

モノレールは"したのすいぞくかん"に入っていって...。

 

どちらから読んでも同じ、

おつかいかつお、まんざいさんま、

でーとひとで、まぐろぐま。

 

そして、

すいかめ、きゅうきゅうしゃち、もっきんぎょ、

たつのおしごと、にんじんにしん。

 

声にだして読むだけで、

思わずププッと吹きだしてしまう、

だじゃれどうぶつの数々。

 

 したのどうぶつえん の水族館

 

うちの子いきなり声に出して読んでいました。

 

だじゃれ

本当にこどもは好きですね

 

私は疲れました

 

でもよく見てよく読んでいたら

実在する生き物もいました。

名前が実在するけれどイラストが全然違うものとか・・

 

そんな発見は楽しいし

学びにもなりそうでした。

 

全てひらがなです。

↓ 他にもブログやってます。こちらにも是非! ↓

メインはこちら やっほっほ~
三重ブログ やっほ~ 三重紹介


テーマ:博物学・自然・生き物 - ジャンル:学問・文化・芸術

09 : 55 : 59 | 物語系絵本 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

子育てする恐竜のお話『きょうりゅうペペのぼうけん 1 おなかがすいた』【絵本】


おなかがすいた

 

きょうりゅうのペペが生まれました。

7ひきの、すえっこペペ。

「ああー、おなかがすいた!」

生まれたばかりのあかちゃんたちは、すのなかで、

おかあさんがたべものをはこんできてくれるのを、まっています。

ある日、キキが、にくしょくきょうりゅうにおそわれてしまいます!

 

きょうりゅうペペのぼうけん 1

 

子育てしたといわれているイグアノドンの

赤ちゃんたちの暮らしが描かれています。

 

人でも恐竜でも

母は強し

 

は虫類らしく描かれた恐竜ですが

何だか可愛く見えます。

 

しっかり食べて大きくなるのが赤ちゃんたちの仕事

赤ちゃんたちを守るのがお父さんとお母さんの仕事

お話もあったかいです。

 

簡単な漢字が使われていますが

ふりがな付きです。


テーマ:絵本 - ジャンル:本・雑誌

08 : 21 : 43 | 物語系絵本 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

だじゃれ動物満載『したのどうぶつえん』【絵本】


したのどうぶつえん

 

うえのどうぶつえんの下には

したのどうぶつえんがあった!

 

そこにいるのは、

 

りんごりら

れいぞうこぞう

かばなな

ぱんつぱんだ...?!

 

ふしぎのしたのどうぶつえんへようこそ。

 

ストーリーを望んではいけません。

だじゃれ本です。

 

動物園に行っていろいろな(だじゃれの)動物を見るんです。

で、こどもは笑う訳です。

 

心に余裕がない時に見ると腹立ちます。

が、こどもはゲラゲラ笑ってます。

 

文字はひらがなのみ

テーマ:小学生の子育て♪ - ジャンル:育児

00 : 03 : 50 | 物語系絵本 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

魅力いっぱい 『ねぇパパ、どうしてシマウマはローラースケートをはかないの?』【


【送料無料】ねぇパパ、どうしてシマウマはローラースケートをはかないの?

 

「ねぇパパ、どうしてライオンはとこやさんにいかないの?」

「かわいくなったら、だれもこわがらなくなってしまうからさ」

 

次々と繰り出される娘の質問に、

パパは淡々と答えます。

でも、

その回答は、どれも笑ってしまうものばかりです。

 

ビックリするようなこどもの疑問に

ユーモアを持って

答えます

 

ナンセンス絵本?

いえ、

それだけではない気がします

 

イラストが最高!!

 

優しい曲線

表情豊かな動物たち

暖かすら感じる色合い

つぶらな瞳

 

こどもはユーモラスな答えに笑い

 

私はユーモラスな答えとイラストからにじみ出る

優しさに心打たれ

 

何とも魅力的な絵本です

 

文字はひらがなと漢字だけ

文章は話し言葉で読みやすいですよ

テーマ:絵本 - ジャンル:本・雑誌

08 : 15 : 42 | 物語系絵本 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ

プロフィール

てらま♪

Author:てらま♪
博物館大好き!
フィールドワーク楽し!
こどもとともに徐々にハマり
その過程での巡り合いを記録

アクセスカウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

未分類 (5)
つぶやき (19)
フィールドワークの友(グッズ) (15)
鳥たち (22)
虫たち (11)
魚たち (3)
植物たち (47)
その他の生き物たち (14)
博物館巡り (70)
特別展・イベント (103)
MieMu 三重県総合博物館 (140)
三重県あれこれ (10)
物語系絵本 (59)
児童書 (34)
学習漫画 (65)
学習系絵本 (54)
写真集・写真絵本 (30)
図鑑 (31)
本 (25)
映像作品 (19)
テレビ番組 (6)

最新コメント

最新トラックバック

フリーエリア

フリーエリア

Flashリバーシ

by mitti0

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR