先生の言葉

鳥取環境大学の小林朋道先生


先生の著書

「先生シリーズ」


親子で愛読しています。



その中で

もの凄くなるほど!と思ったお言葉



野生生物の習性・生態を知ったうえでの擬人化が

われわれ自身の生存も守ることになる自然環境の保全の

内的な原動力になる



【楽天ブックスならいつでも送料無料】先生、子リスたちがイタチを攻撃しています! [ 小林朋道 ]


野生生物を

やたら擬人化するのに

疑問を持っていた部分もあったんです、私。


可愛らしくしたり

人間の思考をあてはめたりするより

「そのもの」を見るほうがいいんじゃないかな?

なんて思った時期が。


でも

なるほど

『原動力』になる・・・もの凄く説得力あります。


その上に

『野生生物の習性・生態を知ったうえでの』

ついているところに説得力満載。


自分の主義主張に利用するための人々もいますので

見極めはとても大切かと思いますが

今後は温かい目で見ることが出来そうです。


スポンサーサイト
関連記事

テーマ : 博物学・自然・生き物
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 動物

 『The NINJYA 忍者ってナンジャ!?』 行ってきました!

日本未来科学館で開催中の

『The NINJYA 忍者ってナンジャ!?』

行ってきました。


THENINJYA.jpg


まさに体験型展覧会。


アトラクション状態で忍術の体験ができます。


手裏剣投げたり、忍び足したり・・・


P1050494.JPG

大人も普通に楽しめます。


もちろん見る展示もたくさん!

忍術書や様々な道具類が展示されています。


私が一番ハマったのは

忍者を扱った各種作品の紹介コーナー

映画

小説

漫画


懐かし~~~!!



三重大学の忍者研究の最新成果の発表でもある訳で

いつか伊賀で見た気が・・・などと

ものすごく三重県な忍者展


10月25日より

三重県総合博物館 MieMuにやって来ます。


ちびっこ集まれ~~~!!!



【楽天ブックスならいつでも送料無料】The NINJA-忍者ってナンジャ!?-公式ブック [ 「The NINJA-忍者ってナンジャ! ]


関連記事

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 三重県 博物館 三重県総合博物館

鳥獣机画

ガチャガチャで

鳥獣机画

コンプしました~~♪

attachment5


日本最古の漫画とか言われている鳥獣戯画

鳥獣人物戯画


TVCMとしてアニメ化もしていますし



人気ですよね~~


私も大好きなので

このガチャにはかなり気合いが入りました!!


でも大事なので

机の上では使っていません。使えません。(苦笑)



関連記事

テーマ : 映像・アニメーション
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 動物

『日本未来科学館』へ行きました

日本未来科学館

行ってきました。

attachment1


特別展

THENINJYA.jpg

見に行ったのですが


常設にも足を運びました。


正直

何がなんだかわけがわからない・・・


お金がかかっていそうな展示物満載なのですが

何を見たらいいのか

どういう意図があるのか

どこを見たらいいのかわからないもの


あるいは

私ではついていけないもの

(汗)

多すぎて閉口しました。


こどもは何やら精力的に見てまわっていましたが

館内イベントなどに参加するよう

計画を立てて出掛けた方がいいような印象を受けました。


あと

日本人よりも海外の方の割合が大きくて

英語、中国語、フランス語、その他どこかの言葉を

たくさん耳にしました。


日本の科学技術は人気ですね。


SHOPでは理性を失いかけました。

我が家的には

とってもとっても危険な場所でした(笑)


関連記事

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 博物館

『海のハンター展』 行ってきました

国立科学博物館で開催中の


「海のハンター展」

行ってきました。


海のハンター.jpg


最初の古代の化石展示部分だけでも

お腹いっぱいになるような

豪華な展覧会


三重県総合博物館 MeMuから出張中の子にも会いました。

P1050527.JPG

タラソメドン(左の全身骨格)


化石の展示が終わったら

次は

現代の生きもの


これがまた

これでもか!これでもか!これでもか~~!!という標本の山。


お魚の骨格標本では

制作者への尊敬の念を感じずにはいられませんでした。


液浸や、骨格や、剥製や

とにかく標本がどんどん出てきて圧倒され続けました。


あまりにもたくさんたくさんありすぎて

しまいには経済力を見せつけられた気がして

なんだか息切れが・・・(笑)


一番の見どころは

ホホジロザメなんですが

P1050540.JPG


見た瞬間

「樹脂標本」かと思ったんですよ。


なんてすごい・・・どうやって作ったんだと思ったら


横で制作の様子が流れていまして

見てたら・・・


「液浸標本」でした・・・


液浸ってあんた、それはまた凄すぎます!!


水槽の厚みが水族館状態。

メンテナンスを考えると他人事ながらクラクラする思いです。



見ごたえがあるどころの騒ぎではない!

そんな展覧会でありました。


大満足♡



関連記事

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 博物館 動物

プロフィール

てらま♪

Author:てらま♪
博物館大好き!
フィールドワーク楽し!
こどもとともに徐々にハマり
その過程での巡り合いを記録

アクセスカウンター
カレンダー
08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
フリーエリア
フリーエリア
Flashリバーシ
by mitti0
検索フォーム
リンク
QRコード
QR